外壁塗装

「外壁塗装ってきれいに見せるためにするものじゃないの?」

そう思ってらっしゃる方も多いでしょう。
しかし本来の目的はそうではなく、太陽光や紫外線、雨風などの影響による劣化を防ぐために、外壁塗装は施されます。

お住まいの周辺環境や使用されている塗料、外壁材の種類によって異なりますが、目安としては10年に一度を目安に塗替えるのがベター。
10年を超えてしまうと塗装の効果は薄れ、その結果外壁材の劣化を防げなくなり、最悪の場合には雨漏りの原因になってしまう可能性も考えられます。

もしも雨漏りが発生してしまうとシロアリを呼び寄せてしまう恐れがあり、被害が進むにつれ建物全体の建て替えが必要になります。
大切なお住まいでこれからも長く暮らせるように、適切なタイミングで塗り替えを行いましょう。

外壁塗装の役割をチェック!

■外壁材をしっかり保護

外壁材がむき出しの状態だと、雨や湿気、紫外線・乾燥といった外的要因の影響を直接受けるため、その分劣化のスピードも早まってしまうことに。
外的要因から外壁材をしっかりと守り、長持ちさせるためには、塗膜でしっかりと守ることが必要です。

■お部屋を快適にする抗菌・断熱機能

外的要因から外壁材を守るため以外にも、様々な機能を持った塗料があります。
その中には防カビ・防汚・抗菌など、暮らしに役立つ機能を備えたものも。
一年を通して快適な室内環境を得ることができる遮熱・断熱塗料は、特に人気を集めています。

■きれいな外観で気分も明るく

手入れを長年怠っているお住まいでは、外観に汚れや老朽化が目立ち、何となく気分も暗くなってしまいます。
塗装工事の工程には下地の補修が含まれていますので、作業終了後は新築のような美しさを取り戻すことができます。

外壁の劣化が与える影響

■シロアリを呼び寄せる

塗装効果が切れてしまうと、建物の防水性が低下し、湿気が溜まりやすくなることからカビやコケが繁殖しやすい状態に。
このまま症状が進んでしまうと、湿気が大好物であるシロアリを呼び寄せかねません。
こうしてやってきたシロアリは建材を食べていき、お住まいの強度を大きく低下させてしまうことに。
下がるのは強度だけでなく、資産価値にも影響が及びますので、注意が必要です。

 

■断熱性・気密性の低下

塗膜の劣化により様々な症状が発生してしまい、外壁部分に隙間が生じてしまいます。
その結果断熱性や気密性が低下し、室内の快適性が損なわれてしまいかねません。
それはつまり、夏場は暑く冬場は寒い空間になってしまうということです。
こうした事態を防ぐためには、定期的に塗替えを行うことが重要です。

 

■雨漏りの発生

通常なら雨水や湿気の浸入を防いでいる塗膜ですが、
それが弱ってしまうと建物内部に水分が入り込んでしまい、次第に雨漏りが見られるようになります。
天井にシミができたり、壁紙が湿っている場合は、すでに雨漏りが起こっているサイン。
このような状態ならば、お早めに当社までご連絡ください。

一覧ページに戻る